梅雨シーズン前に雨漏り工事をしよう┃放置しているとカビの原因に

男性

家を長持ちさせるには

刷毛

築10年が目安

千葉では外壁塗装の目安は家を新築してから10年目ぐらいだと言われています。住宅は雨や風、暑さ寒さなどの気候の変化に絶えず晒されています。その状況の中では外壁塗装する必要が早まる場合もあります。たとえば千葉の海沿いの地域では潮風により通常より早く外壁が傷んでしまいます。外壁塗装が剥げると雨水などが家に侵入してカビが生えやすくなってきます。これは内装をダメにするだけでなくアレルギーなどの健康被害も起こす可能性があります。また住宅を補強し劣化を防ぐことも外壁塗装の役割です。外壁塗装をすることで家を長持ちさせることができます。ひどい状態になってから壁の補修や塗装をするより早めに工事をしたほうが費用が安く済みます。また外観を美しく保つことで人に与える住宅の印象が違ってきます。キレイな家は住人の気持ちも明るくする効果があります。

業者を選ぶには

築年数がたった住宅はときには念入りな外壁チェックをすることが必要です。塗装は膨れやひび割れ、剥がれ、カビ、腐食、色あせなどどれか一つでも見つかったら劣化が始まっています。また外壁の表面を手で触った時に白い粉がつくことがあります。これはチョーキング現象といい、塗料の防水効果がなくなったことが原因で発生します。外壁に目立った損傷が見つからなくてもチョーキング現象が起こったらすぐに業者に点検してもらいましょう。外壁工事は千葉でもかなり高額な費用がかかるため技術の確かな信頼できる業者を選ぶことが大切です。千葉の数社に依頼して見積もりや施工内容、実績を比べることで最も最適な業者を見つけることができます。