梅雨シーズン前に雨漏り工事をしよう┃放置しているとカビの原因に

男女

住み続けると健康被害も

間取り

傾きがある家に住むことは、しだいに健康に害する場合があります。人間がもつ平衡感覚が乱れてしまい、家にいながら車酔いのような状況が長く続くことになるからです。業者に工事を依頼し、傾きを修理してもらうことが大切です。

Read

家を長持ちさせるには

刷毛

千葉では外壁塗装は10年が目安だと言われます。しかし海沿いの地域ではその時期は早まります。塗装にトラブルが起こると家自体にもダメージが広がります。ひび割れや剥がれ、チョーキング現象などが起きたらすぐ業者に点検依頼しましょう。複数社の見積もりなどを比べることで最適な業者を選べます。

Read

家の雰囲気が大幅に変わる

塗装作業

屋根塗装をすることで家の印象をガラリと変えることができます。ちなみに、この屋根塗装を自分で行う場合には安全対策をしっかりとしましょう。ただ、より綺麗な仕上がりを希望するのであれば専門の業者さんにお願いをするのが確実です。

Read

家の外装工事

雨漏り

雨漏りを防ぐための工事が注目を集めています。近年の異常気象により、梅雨から夏にかけてゲリラ豪雨とも言うべき激しい雨が降るようになりました。そのせいで屋根が破損し、これまで経験したことがなかった家庭でもしばしば雨漏りが起こるようになったのです。そのため、雨漏りの修理はもちろんのこと、その予防のための工事が盛んに行われるようになりました。一旦雨漏りが発生するとそこから室内に雨が侵入するため、壁の内側など見えない部分にカビが生えたり腐食が引き起こされたりします。それを放置しておくと、家全体の構造が傾いて倒壊に到ることもあるため注意が必要です。メディアなどによってそういった警告が広く一般家庭に広められたこともあり、雨漏り工事に人気が集まっています。

雨漏りの工事を行う前には、どこから発生しているのかということが徹底的に調べ上げられます。例えば、屋根瓦などの外装の一部が破損していることで雨漏りが起こっている場合にはその部分が取り替えられることになります。ごく一部の破損であればすぐに修理することができますが、時には家の設計ミスや建築の不備で建物自体に歪みが生まれて雨漏りが発生している場合もあります。そういった場合には、それを補強するための工事を行わなくてはなりません。経年劣化等で屋根部分に摩耗が見られる場合には、最新の建築材料を使ってそれをカバーするための補修工事が行われます。以上のように、雨漏りの原因に応じてそれぞれに最適な工事が行われています。